Skip to main content

千葉工業大学創造工学部建築学科

望月研究室
ホーム
研究室紹介
メンバー
卒論・修論テーマ
研究業績
講義関係
アクセス
アルバム
◆ 大学院博士前期課程
 
光・視環境特論(前期開講)

現行の照明計画は、明所視における人間の目の感度特性に基づく測光量を用いて行われていますが、実際に人間の目は、様々な明るさのレベルに随時順応しながら、視知覚を行っています。最近では、分光分布に特徴のある新しい光源も一般照明として使用されるようになってきました。より人間の視覚特性に配慮した照明計画を行えるようになるために、本講義では、人間の視覚特性に関する最新の研究調査報告についてその内容を理解・習得し、演習課題を通して、様々な環境下での照明要件について考えていきます


照明計画特論(後期開講)

建物用途、作業内容に応じて必要とされる明るさに対する感覚を身につけるとともに、各種建築に対し求められる照明要件について学びます。また各照明要件を満たすために、昼光照明ならびに人工照明をどのように計画すれば良いか、数値計算に基づく設計手法ならびに照明計画のプロセス、方法論について学びます。


 
◆ 学部
 
技術者のための英語(5S 開講)

科学技術分野における独特の英語構文、専門用語、表現(Reading)、それらを用いた英語による情報伝達技術(Writing)、ならびに口頭による情報の取得要領(Listening)、口頭による情報伝達技術(Presentation)を習得し、英語による包括的な技術情報の授受ができるような能力を演習を通して培います。


光環境学(4S , 5S開講)
建築環境工学のうち、光環境に関する事象を理解するために必要な知識を講義します。前半の講義では『日照・日射』、後半の講義では『照明計画』に関する内容を扱います。建築光環境を計画する際に必要となる建物外部の環境条件に関する知識を習得した上で、人間が安全・快適に過ごせ、かつ省エネルギーとなるような室内照明計画を実践できるような能力を習得します。

環境工学概論(2S 開講)
日照・日射や太陽位置、昼光利用と省エネルギー、人工照明の計画等の光環境の基礎知識を解説します。

建築都市環境概論(1S 開講)

建築都市環境学科の専任教員によるオムニバス形式の講義です。建築・地域・都市に関して、それぞれの研究分野の概要を学んでいきます。その内の1回で、建築光環境の基礎について講義します。